沼舘整骨院の交通事故治療・むちうち治療専用HPです

―参考― 自動車保険の種類


自動車の保険には、基本的に2種類があります。
自動車事故での医療費が支払いの対象になるのは、法律で加入が義務付けられている『自賠責保険/強制保険』と、加入が任意で契約する『任意自動車保険/任意保険』です。


自賠責保険(強制保険)

自賠責保険(強制保険)とは、自動車損害賠償保障法(自賠法)に基づき、自動車の運行による人身事故の被害者を救済するために、すべての自動車について契約することが義務付けられている強制保険です。

任意自動車保険(任意保険)

任意自動車保険(任意保険)とは、上記の自賠責保険(強制保険)の不足を補う保険です。
例えば、相手に大きなけがを負わせた場合など、自賠責保険(強制保険)では120万円までしか補償できませんので、その不足分を契約上限まで補う事ができます。 その他、対物などにも対応できますし、契約内容により様々な特約や金額を契約者が選択できます。


  人への損害 車や物への損害
  対人賠償責任保険
対物賠償責任保険

相手への賠償

対人賠償責任保険とは、相手にけがを負わせ、自賠責保険だけでは足りない場合の補償です。
事故で歩行者などにけがを負わせた際、相手の治療費や、働けない間の収入などの損害賠償による出費を補償するものです。

対物賠償責任保険とは、事故で物を壊した場合の補償です。
事故で相手の自動車や、建造物など物を破損した際の、損害賠償による出費を補償します。 

 

人身傷害補償保険

搭乗者傷害保険

 

車両保険

ご自身への補償

人身傷害補償保険とは、事故を起こしたご自身に対する補償です。
治療費だけでなく、働けない間の収入や精神的損害まで補償されます。
搭乗者傷害保険とは、搭乗中の方が死傷した場合に対する補償です。
運転手・同乗者にかかわらず、自動車に搭乗している全員が対象となります。

車両保険とは、ご自身の車両修理に関する補償です。少しの傷でも意外に修理費がかかりますので、その修理代金を補償します。