沼舘整骨院の交通事故治療・むちうち治療専用HPです

交通事故治療Q&A

Q1:整骨院でも自賠責などの保険が使えるのですか?
整骨院は、国家資格による医療機関です。 国民健康保険などの各種保険による治療を行っており、 交通事故や労災での治療も行っています。  整骨院を避ける保険会社担当者もいるようですが、 症状を改善するために、どの医療機関にかかるかは、 ご本人の自由です。 保険会社が決めるのではありません。
 
Q2:保険会社が治療する医療機関を決めるのですか?
どこの医療機関にかかるかは、ご本人が決めることです。 保険会社が強制することはできません。 医療機関の名称と連絡先を伝えればよく、その後は保険会社と 医療機関が支払いのことなどを相談します。
 
Q3:加害者が保険に加入していない場合は?
車を所有している方ならば、 必ず強制保険(自賠責保険)に入っているはずです。 任意保険に加入していない人はいます。
 
Q4:他の医療機関にかかっている場合は?
「自宅や会社から遠くて不便」「なかなか良くならない」などで、 医療機関を変えたい場合、保険会社に変更したいと伝えれば、 電話するだけで変更ができます。 受診した(または、受診したい)医療機関名と連絡先を 保険会社に伝えてください。 保険会社が速やかに手続きをします。 交通事故の場合、病院に通院しながら整骨院で施術を受けることも問題はありません。 当院で施術を受け、定期的に病院に通院されている方もたくさんいらっしゃいます。
 
Q5:症状が軽くても保険で治療を受けられますか?
症状の軽い重いは関係なく、治療を受けられます。 治療費は全て保険会社が負担します。 初めのうち症状が軽いからとほっておいて、後からつらくなってくることもあります。 また、時間の経過と共に事故との関係がはっきりしなくなります。 少しおかしいと感じたら、早めに受診することををお勧めします。
 
Q6:事故後、何日か経ってから症状がでましたが、治療を受けられますか?
基本的には受けられますが、事故後あまり時間が経過していると、 事故との関係がはっきりしなくなります。 少しおかしいと感じたら、早めに受診することをお勧めします。
 
Q7:治療費は誰が払うのですか?
加害者が加入している保険会社が全額支払います。
 
Q8:治療期間に制限がありますか?
症状が改善するまで、治療を受けることができますが、 社会通念上の目安は受傷日より180日間です。
 
Q9:治療個所には制限がありますか?
制限はありません。例えば、首や腰、膝などを同時に負傷しても、 全て治療を受けることができます。
 
Q10:仕事が忙しく、なかなか治療に行けない場合は?
本来であれば、治療を優先していただきたいところですが、 現実的に難しい場合もあるでしょう。 しかし、ご自身の健康のことですから、出来るだけ治療してください。  保険会社は、あまり治療に行っていない場合を、 「治った」「よくなった」と判断し、治療を打ち切る交渉に入ることがあります。
(30日間通院無しの場合など)
 
Q11:突然行っても治療してもらえるのですか?
予約は不要ですので、受付時間内のご都合の良い時にいつでもいらしてください。 もしご来院予定がお決まりでしたら、 初診日時をお電話にてお決めいただくことも可能です。
 
Q12:保険会社とのやりとりはやってもらえるのですか?
最初に保険会社に連絡をしていただければ、 その後の治療費の請求や施術の経過報告等は すべて当院が行いますので、 安心して治療に専念してください。
 
Q13:現在コルセットをつけていますが、いつまでつけるべきですか?
症状の程度にもよりますが、強い痛みが無ければ なるべく早期の除去が 望ましいでしょう。 逆に長期間コルセットをつけていると、筋力が弱まり、 除去後に肩コリのような違和感を訴える人が少なくありません。 コルセットを外す時期に関しては、担当の先生に一度相談してみて下さい。
 
Q14:症状の早期回復には、筋肉を積極的に動かしたほうがいいのですか?
事故直後は安静にすることが大切ですが、 痛みが消失して日常生活動作が可能であれば、 適度な運動は回復を早めるでしょう。 ただし、必ず担当医または専門家に相談してから行ってください。
 
Q15:むちうち症になって以来、お酒を飲むと頭痛に悩まされるように・・・
受傷直後の飲酒は控えるべきでしょう。 体調が安定してくれば飲酒も再開して問題ありません。
 
Q16:交通事故後、視力が急速に落ちた気がします。むちうち症が原因ですか?
頚部の筋肉の緊張が強くなることで、 視力の低下を訴える患者さんはいます。 しかし、症状の改善に伴って視力も改善するようです。 ご不安な方は、一度ご相談ください。
 
Q17:保険会社から、そろそろ治療を中止しませんかと、催促された場合は?
あくまでも保険会社側の都合なので、依然つらい症状が残っているようでしたら治療を継続し、一日も早い回復を目指しましょう。
 
Q18:交通事故で労災は使えるのでしょうか?
通勤途中、仕事中の交通事故では、労災保険も使えます。 休業補償については自賠責保険から100%補償を受けることができ、 労災保険から休業特別支給金として20%補償される場合があります。
 
Q19:交通事故の被害者の方が最終チェックする保険内容は?
交通事故の被害者の方が請求し忘れることが多い保険で、 人身傷害保険、搭乗者傷害保険、労災保険があります。 人身傷害保険、搭乗者傷害保険は、自分の保険会社担当者、労災は会社の人事部、 労働基準監督署に請求をしてください。
 
Q20:後遺症が残ったのですが、認定されませんでした。 どうしたらいいですか?
整形外科の主治医の先生に後遺症認定されないといわれた方でも、 後遺症認定がされる場合は多くあります。 納得のできない場合には、後遺障害異議申立を検討して下さい。 一流の交通事故専門の弁護士・行政書士を紹介いたします。 交通事故の後遺症は、14等級に認定されると自賠責保険から75万円支払われます。 また12等級に認定されますと、224万円支払われます。 75万円や224万円を超える損害については、 任意保険会社に請求することになります。

沼館整骨院外観