沼舘整骨院の交通事故治療・むちうち治療専用HPです

―参考― むちうちとは・・・


◇むち打ちの原因◇
後方・側方から追突された等、頚椎(首)・胸椎(背部)・腰椎に外力が加わり、その関節が持つ運動範囲以上の動きを強制される事により、 筋肉や靭帯、関節包などに損傷をひき起こした状態です。

◇むちうち損傷とは?◇
追突事故などの衝撃で、首の骨である頚椎が過度の屈曲後、過度に伸展する「むち」のような動きを強制されることによって発生する、頚椎捻挫の総称です。
頚部の痛みや頭痛・肩こり・手のしびれ・顎関節の障害・首や肩の運動制限など様々な症状を引き起こします。
通常、後方からの衝撃により頭(後頭骨)を支えている第一頚椎に損傷をうけます。 それにより、後頭骨と第一頚椎を繋いでいる筋肉(後頭下筋群)に障害がおき、後頭骨と第一頚椎の間の関節に機能障害が生じ、それにより頚椎の生理的弯曲である前弯カーブが減少し、むちうち症特有の症状が出現します。
また、後方からの衝突による振り戻しによって、頚部の前面部の筋肉が収縮してむちうち症状を助長します。

また、事故などの衝撃の強さや個人の体質・年齢の違いなどでも治療にかかる期間に差が出ます。

◇外傷性頚部症候群(むちうち)のタイプ◇
◆頚椎捻転型
頚椎捻転は最も軽い損傷で、頚(首)の付け根から肩にかけて付いている筋肉や靭帯などの軟部組織が、一時的に引き伸ばされただけで、自然に元の正常な状態に戻っているものを言います。 通常、数日間痛みは続くものの完治するのに長時間かかる事は稀で、後に問題になる事は少ない損傷です。
【症状】
軽度の頸、肩、背中の痛みやこり


◆頚椎捻挫型
むちうち症と診断されるものの8割程度がこの頚椎捻挫型と考えられています。 頚部を支持する筋肉や靭帯、関節包の断裂など軟部組織の損傷が起こっている状態です。 通常、損傷を受けた軟部組織そのものは3ヶ月程度で修復されますが、その間には後頭部痛、頚部痛などに悩まされる事が多いようです。
【症状】
頚部(首)を動かした時の痛み、首や肩の動きが制限される。
後頭部や首・肩・背中の痛み、こり、頭痛やめまいなど。


◆頚椎神経根型
脊髄から出ている頚部の神経が、追突などの外力により引き伸ばされたり、圧迫を受ける事により起こります。
【症状】
障害を受けた神経の支配下にある部分の知覚障害・しびれ・麻痺・筋力の低下・反射の異常などが起こると言われています。


◆バレー・リュー症候群
頚椎を通っている交感神経を痛めた事による症状名。
交感神経は副交感神経と共に働き、自分の意思とは関係なく生体のホメオスタシス(恒常性)を維持して生体の状態を一定に保つ働きをする神経です。
頚部の交感神経は頚椎の中を走る椎骨動脈や頚動脈に神経をからませて血流の調節に参加したり眼や耳の機能にも働きかけている神経です。
この神経がむちうち症などの外力により損傷を起こすと働きが鈍くなり、バランスを崩すことによって起こる症状は多岐にわたります。

【症状】
耳鳴り、難聴、目まい、吐き気、眼精疲労、不眠、全身の倦怠感、疲労感、食欲不振、頭痛、集中力の低下などが起こると言われています。


◆頸髄症
頚椎の骨折や脱臼により脊髄そのものが損傷され、手や足の症状、膀胱障害などが起こります。
【症状】
上肢のしびれ、歩行障害、膀胱障害、直腸障害などが起こると言われています。


◆脳脊髄液減少症(低脊髄圧症候群)
上記に該当せず、または半年以上症状が改善されない場合などは脳脊髄液減少症の疑いがあります。
むちうち症や、スポーツ外傷、転倒、出産などによりくも膜に裂け目ができ、脳脊髄液が漏れる事により起こると言われています。

むちうち症の場合は一時的に脳脊髄液圧が急上昇し、圧が下方に伝わって、腰椎の神経根に最も強い圧がかかり、くも膜が裂ける事によって起こると考えられています。
特徴として天候や気圧に左右されたり身体を起こしていると症状が悪化し、横になると軽快する傾向があり、脱水でも症状が悪化する事が頻繁に起こります。
むちうち症の後にこの様な特徴が現れれば、脳脊髄液減少症を疑い、MRI検査等を行い診断します。

治療法は、急性期では、2週間程度できるだけ横になって安静を心がけ、同時に十分な水分補給を行います。
横になる事で重力が軽減し、外傷によって損傷を受けたくも膜の負担が軽減され、脳脊髄液の漏れが減少し自然にくも膜の裂け目が修復されると考えられています。

【症状】
:痛み・・・起立性頭痛、頚部痛、背部痛、腰痛、手足の痛みなど。
頸・肩・背中の筋肉が石のように硬くなる。
:脳神経症状・・・耳鳴り、目まい、聴覚障害、視力低下、味覚、嗅覚異常など。
:自律神経障害・・・迷走神経の機能異常による胃食道逆流症、頑固な便秘が多く見られる。
微熱、動悸、呼吸困難、頻尿など。
:高次脳機能障害・・・記憶力の低下、物忘れ、思考力・集中力の低下。
:その他・・・睡眠障害、免疫力低下、極度の疲労感、内分泌機能異常など。



以上のように一口で『むちうち症』と言いましても、症状や病態により様々です。
当然、
衝撃の程度や事故の発生を予見したか等により、ケガの程度や症状は異なります。
つまり、治療方法や治療期間なども必然的に違ってくる訳です。


早期の回復には、早期の治療開始がポイントです。