~ 自動車保険の種類 ~

自動車の保険には、基本的に2種類があります。
自動車事故での医療費が支払いの対象になるのは、法律で加入が義務付けられている『自賠責保険/強制保険』と、加入が任意で契約する『任意自動車保険/任意保険』です。

保険の契約書

自賠責保険(強制保険)

自賠責保険(強制保険)とは、自動車損害賠償保障法(自賠法)に基づき、自動車の運行による人身事故の被害者を救済するために、すべての自動車について契約することが義務付けられている強制保険です。

任意自動車保険(任意保険)

任意自動車保険(任意保険)とは、上記の自賠責保険(強制保険)の不足を補う保険です。
例えば、相手に大きなけがを負わせた場合など、自賠責保険(強制保険)では120万円までしか補償できませんので、その不足分を契約上限まで補う事ができます。 その他、対物などにも対応できますし、契約内容により様々な特約や金額を契約者が選択できます。